FC2ブログ

野狐喫茶の楓ちゃん

【 野狐喫茶の楓ちゃん 】 記事一覧

#1

野狐喫茶の楓ちゃん

 わっちは楓、野狐の楓じゃ。

 ちょっと前まではその日暮らしをしていた妖狐の端くれじゃ。

 そんなわっちだが、この度人里で喫茶店を開くことになったのじゃ。

 店の名前は「野狐喫茶」

 まんまじゃな。

 まあ細かい事は気にするな、なのじゃ。

 場所は周囲を山に囲まれた田舎町の一角、いちおう駅近を選んだつもりじゃ。いちおうな。

 店構えも、まあそれなりじゃろう。

 見た目、倉庫をりふぉーむしたかのような小洒落た現代建築で、店内にはこだわりの ふぃんらんど製、そーぷすとーん造りの大型蓄熱式薪すとーぶを備えておる。

 おしゃれなうえ寒い冬も無問題じゃ。

 まあ今はもう春真っ盛りなので、単なる店内を飾るおぶじぇと化してしまっているがな。

 あー、勿論えあこん完備で夏も右に同じじゃから安心してな。

 他には、よんけー対応なるぷろじぇくたーや複数の薄型てれびじょんを有しており、ぱぶりっくびゅーいんぐ的なのも可能じゃ。 

 そこ、心配せんでもちゃんと映るぞ。

 当店はちじょーはの他にびーえすやしーえすも映るのじゃ。

 それに今は いんたーねっと っちゅのでもいろいろやっとるみたいじゃから、それにも対応じゃ。

 凄いじゃろ。

 無論、車社会の田舎を考慮してしっかりと駐車場も完備しておる。

 完璧じゃな、抜かり無しじゃ。

 そんなわけで野狐喫茶の開店なのじゃ。

 今後ともご贔屓に頼むのじゃ。


※これはフィクションです。
スポンサーサイト

▲PageTop

#2

野狐喫茶の楓ちゃん

 先日、喫茶店【野狐喫茶】を開業した野狐の楓じゃ。

 親しみを込めて「楓ちゃん」と呼んでもらって構わないのじゃ。

 さて、今回はわっちがなぜ喫茶店を始めるに至ったのかを話すとするのじゃ。

 それはある日突然舞い降りた幸運がきっかけじゃった。

 端的に言うと当たったのじゃ、すぽーつくじが。しかも大きいやつじゃった。きゃりーおーばーもしておった。

 かくして大金を手にしたわっちは考えたのじゃ。

 この金どうしよう、と。

 まず浮かんだのは、この金で人生ならぬ狐生を謳歌しよう、じゃった。

 だが、わっちはすぐにそれを脚下した。

 人間ならいざ知らず、野狐で妖狐のわっちの寿命は長い。かなりの大金なのは認めるが狐生を満たすには心もとない金額じゃと思ったのじゃ。

 そこで考えたのが、店でも始めるか、じゃった。

 何処ぞのじじい曰くの「授人以魚 不如授人以漁」みたいなやつで、一時の満腹のために金を浪費するのではなく、金を稼ぐ元手にこの金を使おうと思ったわけじゃ。

 ふふん、どうじゃ? けっこう賢いじゃろ。まあ、わっちは出来る狐じゃからな、出来る狐じゃからな。

 で、喫茶店を開くことにしたわけじゃ。

 ん?

 なぜ店は店でも喫茶店を選んだのか、じゃと?

 それは……まあアレよ……。

 なんとなくじゃ!

 なんとなくグダグ……まいぺーすで金稼げるかな、と思ったのじゃ。

 いや、別に喫茶店経営をナメてるとか、そういうのはないからな。

 アレよ、アレ……天啓! そう天啓的なやつじゃよ。ピピッと来たね、天啓。

 それにじゃ、わっちてば、きゅーと な れでぃー じゃから集客には困らんと思うし、けっこう向いてると思うのじゃよね。

 無謀ってわけでもないので厳しいツッコミは無しにしてほしいのじゃ。

 ま、でも――――

 かくいうわっちがこんな話しとるのは、店に客が一人も居らずに暇してるからだったりするんじゃけどな。

 おかしいな〜、なんで暇なんじゃろうな〜、きゅーとなわっちがおるのにな〜。
 
 

※これはフィクションです。

▲PageTop

#3

野狐喫茶の楓ちゃん

 今日も今日とて暇……ではないが、時間に余裕があるので、わっちの愛車でも紹介しようかの。

 わっち自慢の愛車は優れた走破性とイモ臭いふぉるむが美しい、農道のぽるしぇじゃ。

 やっぱ田舎で軽トラは最強じゃよな。

 維持費安いし積載量が多く小回りが効くもんなー。

 冬場に使う薪集めでも活躍しそうだしなー。

 なに? 免許持ってるのか、じゃと?

 ふふん、出来るきつねのわっちはばっちり持っておるよ。

 ちゃんとヒトに化けて教習所に通ったから本物じゃよ。

 なんやかんやで車の免許は持っていて損はないからのお。ちょっと前に取っておいたのじゃよ、かかかっ。

 ふーむ、こんな話していたら、どらいぶにでも行きたくなってしまうなー。

 客もぜんぜん来ないことだし、行ってしまおうかなー。

 暇じゃなー。
 
 

※これはフィクションです。

▲PageTop

Menu

PR

ランキングにご協力を。

プロフィール

@でぃーあん

Author:@でぃーあん
褒められて伸びるタイプ。
豆腐メンタルです。
ガラスのハートです。

最新記事

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

PR