FC2ブログ

仙狐九尾会

#5 監視されてる?

 ←#4 狸なのに……。 →#6 因縁浅からぬ狐。
 私は風璃、仙狐九尾会第九席代行の風璃。
 今日もいつも通り狐界のために奮闘中である。
 仕事中、ふと虚しさに襲われた私は職務用PCのキーボードを叩く指を止めた。気晴らしに乾いた喉を潤そうと手を伸ばしたお気に入りの湯飲み茶碗が、ひんやりと掌から体温を奪っていく。
 虚しさが増した……。
 深いため息を漏らしすっかり冷めてしまった玉露を一気に飲み干した私は、無機質な事務用チェアの背もたれに体重を預け、天井を見上げながら一息つく。
「あ~も~アホらしい……」
 無意識に愚痴を溢した、その時である。
 ピロリン!
 唐突に、デスクの端に放置していたスマートフォンが乾いた音色を短く奏でた。
 気を緩めていた事もあり私はビクッと体を震わせてから不満気に目を向ける。
「も~何よ! 何でひとの息抜き邪魔するのよ!(まぁ私、狸だけど)」
 スマートフォンのバックライトで照らされた液晶画面には業務連絡とのメッセージが表示されていた。差出人は件の上司からだ。
 言ってるそばから、これだ……。
 私は空になった湯飲み茶碗を机に置き、代わりにスマートフォンに手を伸ばした。
「あれ?」
 通知アイコンをタップした私は首を傾げ困惑する。
 なぜならそのメッセージ、冒頭に業務連絡と書かれてるいるだけで、その後は画面からはみ出る程に空欄が続いていたからだ。
 誤送信?
 念のため表示をフリックして末尾まで確認する。
 ……………………………………………………………………………………………………………。
「んきゃっ!?」
 私は奇声を上げ、思わずスマートフォン投げ出しそうになった。
 二、三度指を滑らした先、何もないと高を括っていた空欄の最後の最後に短い一文が記されていたからだ。
『サボるなよ(ΦωΦ)』と。
 絶妙なタイミングでの的確な指摘に、慌てて私は周囲をキョロキョロと見回した。
 見てるの? それとも盗聴? もしくはその両方か!?



つづく。
関連記事
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 仙狐九尾会

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【#4 狸なのに……。】へ  【#6 因縁浅からぬ狐。】へ