FC2ブログ

仙狐九尾会

#10 忍び寄る影。

 ←#9 八尾の威厳。 →#11 一尾に睨まれた八尾。
 よほど日頃の鬱憤が溜まっていたのか、ルーシーは同僚であり先輩である他の九尾会尾席メンバーへの愚痴を零し続けていた。
 愚痴なんか聞かされても楽しくなし、ましてやその内容は権力者の悪口である。場合によっては、とばっちりで私にも身の危険が及びかねないので、とっとと退散して然るべきである。
 しかしながら私はそれを保留してしまった。
 理由は多々ある。
 まず、きっかけという点において原因の一端が私にあると言えなくもないという事。僅かとはいえ良心の呵責に苛まれてしまえば判断が鈍るというものだ。
 それにルーシーは傍目に見て、だいぶストレスを溜め込んでいる様子だった。ここで私くらい愚痴に付き合ってガス抜きでもしてやらないと何処かで事切れてしまうのではないか、という心配を懐いてしまったのも一因だ。
 加えて、幸か不幸か、当初心配した密告の恐れが余り感じられなかった事が油断を生んだ。おそらくこの手の苦労というのが九尾会で働く者の共通認識なのだろう。周囲にいる狐たちの殆どが、愚痴るルーシーを時折憐れむように目を向けてはウンウンと深く頷くといった様子で共感や同情を醸し出しており、そこから生じる「周りは皆仲間」という妙な一体感に惑わされてしまったのだ。
 本当……理由は多々あって……この結果は仕方のない事だったのかもしれない―――。
 でもね……この状況に陥ってみると……やはり後悔せずにはいられないの―――。
 ……己の浅はかさを―――。



 諸々の事情からルーシーの愚痴に耳を傾けていた私。そんな私が異変に気付いたのは二杯目の玉露を飲み干そうとしている時だった。
 いつ終わるともわからない、罵詈雑言とまではいかないまでもそれに近い語句の並ぶ愚痴に少し飽き始めていた私は、何となく隣の席に目を向けた。
 隣の丸テーブルにはどこぞの部署の仲間内らしき三匹の狐がテーブルを囲うように座っていたのだが、その内の一匹の三角獣耳がピクリと僅かに動くのに気が付いた。「おやっ」と思いそのまま見ていると、その狐の顔色が瞬く間に青白くなっていく。その狐はある一方向に視線を向けたまま小刻みに震えながら金縛りにでもあったかのように固まっていた。
 私は不審を懐き、その狐が見据える先に自らの視線を移してみる。すると、どうだろう。私もその狐と同様に全身を硬直させてしまったのだ。
 その狐が見据えた先、そして私が視線を移した先はルーシーの後方数メートルの場所。テーブルとテーブルの間で、唯の通路である。通常であればそんな所をみたところで、何がどうなることもない。
 だが私は硬直してしまった。
 驚愕し、恐怖したのだ。
 なぜならいつの間にか其処に居てはならないきつn……御方が居られたからだ。
 おそらく隣のテーブルの狐が萎縮したのも私と同様にその御方が原因だろう。その証拠に、私や隣テーブルの狐と似たような反応を見せる狐たちがみるみる周囲に増えていっていた。
 これは拙い。
 危機を察した私はすぐさまルーシーにその旨を伝えようとした。その御方がいるのはルーシーの後方。ルーシーからすれば完全に死角であり、彼女は気付けない。実際、ルーシーは静かにざわつく周囲の狐たちとは対照的に、全く気付いた素振りを見せず饒舌に愚痴り続けていた。この状況……今更感は拭えないが……どうにか被害を最小限に抑えてやろうと思うのが同伴者の人情であろう。
 ―――が、しかし。
 私がルーシーに声を掛けようとした矢先である。あろうことか、その御方と目があってしまった。
「ひぃうっ!?」
 私はまるで蛇に睨まれた蛙が如く寸分たりとも動けなくなった。
 そんな私にその御方は、そっと人差し指を自らの唇の前で立て「何も言うな」とのジェスチャーを見せると、ニッコリと微笑みかけてきた。
 私は背筋を震わせながら小刻みに首を縦に振る。選択の余地はなかった。
 かくして気付かず気付けぬルーシーの背後にその御方が歩み寄ってくる。私は冷や汗混じりに只々それを見守る事しか出来なかった。
 その御方がルーシーのすぐ後ろまで到達した時、私の顔はよほど不自然に引き攣っていたのだろう。漸くにして異変の片鱗に気付けたルーシーが愚痴りを一時中断して怪訝そうに訊ねてきた。
「ちょっと風璃……なによ、その不細工な顔? 下痢?」
 一部尊厳を傷付けられる言葉を含んでいたのにも拘らず、私はその問いに何も答えなかった……いや、答えられなかった。既に口止めされてしまっていたからだ。
 代わりにルーシーの背後で仁王立ちしたその御方が口を開いた。
「こらこら、ここは食堂やよ。言葉には気つけなあかんで、ルーシーちゃん」
 それは京訛りがまじるおっとりとした声。一聴して安らぎすら覚えそうに思えるものだったが、私を含め周囲の者は皆一様に固唾を飲んで恐々としていた。
 では声を掛けられた当人、ルーシーはというと―――。
「#$▲&@※○≒$&%………」
 声にもならぬ怪音を口から垂れ流しながら、振り返る事すら出来ぬほどにカタカタと震えながら、その身を硬直させていた。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 仙狐九尾会

~ Comment ~

NoTitle 

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

NoTitle 

コメントありがとうございます
リンクしました
よろしくお願いします
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【#9 八尾の威厳。】へ  【#11 一尾に睨まれた八尾。】へ