FC2ブログ

野狐喫茶の楓ちゃん

#14

 ←#13 →#15
 小屋に色をつけたのじゃ。

 刷毛でせっせと塗って朱に染めたのじゃ。

 うむ、やはり色がつくとそれっぽく見えるのー。

 我ながら自分で自分を褒めてやりたくなる出来なのじゃ。

 まあ、ぶっちゃけ近くに寄ると斑になっているところがちらほら目につくけどなー。

 でも細かいことは気にしないのじゃ。

 ゆうてもわっち、素人じゃしな。

 ふふん、それよりもじゃ――――

 わっちがこの小屋を何に使おうとしているのか、解ったかの?

 ふむ、そうじゃな、解るよな。

 朱色の小屋とくればもう、あれしかないものな。

 そうじゃよ、わっちが作っておったのは、稲荷神社の社じゃよ。

 やっぱり商売繁盛と言ったら稲荷神社じゃろ。

 店の脇に作ればご利益は間違いないのじゃよ。

 これで野狐喫茶が客で溢れかえるのは間違いないのじゃ。

 安泰じゃな。

 さてと、概ね社は完成したことだし、あとは伏見のところから御霊分けしてもらうだけじゃな。

 でもその前に、社まわりをもっと綺麗にせねばなー。

 土が剥き出しの地面だったりするものなー。

 あと、鳥居とかどうしようかなー、作るの大変そうだしなー。

 まあその辺は考えるのも含め、明日以降でよいかー。

 今日はもう疲れたし、福のやつでももふりながら休むかのー。



※これはフィクションです。
関連記事
スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png 仙狐九尾会
         
#13 ←#13    →#15 #15

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【#13】へ  【#15】へ